スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女~桃色パラドックス~第4話「対決乙女」感想+ニコ動配信

戦国乙女~桃色パラドックス~第4話

ニコ動公式配信に飛んで視聴できます。


上杉ケンシンと武田シンゲンは、ライバル同士。
今日も日課のごとく戦をしており、どことなく楽しそうでもある。
二人とも甲冑を持っているが、ノブナガ達に簡単に譲り渡す相手ではない。
ミツヒデは、二人を陥れ甲冑を手にする策をノブナガに話すも、
二人の戦に水を差したくないと却下するノブナガ。
一方ヒデヨシは、携帯電話が壊れてしまい意気消沈…。




今回から登場の上杉ケンシンと武田シンゲン。歴史通りのライバル同士です。

なんとアニメでは598戦598引き分けだそうで永遠と戦っているらしい...実は仲良し...




ケンシンもシンゲンも真紅の甲冑の一部を持っているらしく
織田ノブナガから譲るように頼まれたものの、二人とも拒否....



それでもノブナガは甲冑を手にするべく2人を煽り、甲冑を賭けて戦うように仕向けた。



シンゲンVSノブナガのタイマン勝負、漫画では仲良しだったので戦国乙女の中では初対決...

戦闘シーンは一応今回の話が最初なんだけど意外に動いてビックリした。
ただのギャグかと思ってたけど、しっかり戦闘はするんだな...これは後半も期待できるかも。



シンゲンは必殺技の炎龍軍配撃を繰り出すものの、ノブナガの非情の大剣に破壊力で負けて吹き飛ばされてしまう...




負けを認めたシンゲンは甲冑が欲しければ殺せとノブナガに命ずる。



そこに割って入るケンシン。

シンゲンを倒すのは自分のみ、他の誰かに倒されるのは我慢がならぬらしく

シンゲンを殺すなら自分を殺せと言っちゃった...それはべジータ系である



貴様らの首など飾りにもならんと剣を引っ込めて去るノブナガ...



だが、しっかりと甲冑だけは貰って帰っていた。シンゲンとケンシンに天下人として認められたからなのか...
4話にして甲冑は半分集まった。残り話数を考えてもまだ波乱がありそう...



結局最後もこの2人は戦っていた。決着はこの後の話でもつかないんだろうね。




4話まで見てるけど、雑な描写があんまり目立たないなぁと感じた。
特にノブナガは全体的に崩れるって感じが全くない。
描く側としてノブナガは描き易いキャラなんかなぁ...いやまぁ嬉しいけどさ
スポンサーサイト

テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ICE MAN

Author:ICE MAN
☆HNでも分かるように冷たい男。
だが、内部的にはかなり熱い。

だが今年27歳の年寄り;;

☆スパロボ魂120%
ゼンガー少佐がかなり好き。









最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。