スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女~桃色パラドックス~第13話「陽光乙女」感想+ニコ動配信

戦国乙女~桃色パラドックス~第13話

ニコ動公式配信に飛んで視聴できます。



全壊した安土城の瓦礫を片づけながら、食事をする一同。
そんな中、誰にもわからぬように姿を消す人物が!?
 ・・・一人、瓦礫の中に埋もれている甲冑のもとへ向かったのは伊達先生。
まだ深紅の甲冑を手に入れる事があきらめきれずにいたのだ。
そして伊達先生が甲冑を見つけだしたところに、ヒデヨシが現れる・・・。
果たして戦国乙女達の運命やいかに!?


決戦が終わっての最終回



西国の武将はあっさりと帰っちゃった。戦えない2人と離反イエヤス分の補充要員だっただけである。





最終回だというのにまだ諦めない先生...考え方が酷過ぎて擁護すらできないレベル...



天に代わって鉄槌を下すとかロム兄さん風味でまた・・・




甲冑を壊して諦めさせるノブナガ様は優しい・・・ヒデヨシに会う前だったら一刀両断だったかもね。






伊達先生とヒデヨシは戦国時代の人じゃないのでやっぱり現代に戻る事に・・・




別れる時も笑顔でサヨナラ・・・まぁ泣くわけないけど。寂しい素振りもナシとは・・・




現代に戻ったヒデヨシの携帯に映るノブナガ達の映像・・・演出が憎いね






神頼みで天下統一ロード

1話と同じ展開でパチンコの話を持ってくるあたり流石宣伝アニメですねw





何故か1話と同じ神社で何故か戦国時代にいた犬と遭遇してしまうヒデヨシ・・・

そんな馬鹿な・・・



何この2期フラグは・・・・冗談でしょ・・・






シロ「実は・・・・」






工エエェェ(´д`)ェェエエ工



なんという終わり方・・・


2期もありえるし、このまま終了という展開も・・・・公式の奴らの悪ふざけも終わらないのか・・・


まだCR戦国乙女2の発売してないスペックもあるので

もしかしたらその発売の時にまたアニメをやるとか・・・・まさかね・・・





13話という短い中で面白い話、許せない話など沢山あったけどまぁアニメはやって良かったのかな。

ファンの間では不評だけど、コレでまた新たなる可能性が出てきたと思えば。

声優が変更されてガッカリしてたけど、まぁ絵も思ったより悪くなかったし。

ノブナガ様もイケメンで何よりでした。

でも2期やるなら漫画とか原作の話にして欲しいな・・・パラドックスとかサブタイはやめようよ。

オウガイ達が出てきた方が面白いだろう・・・多分。




戦国乙女~桃色パラドックス~一 [Blu-ray]戦国乙女~桃色パラドックス~一 [Blu-ray]
(2011/07/06)
日高里菜、豊口めぐみ 他

商品詳細を見る



Blu-ray1巻絶賛発売中らしいです・・・

1巻だけは売れるだろうね・・・特典CD目当てでさ・・・

スポンサーサイト

テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

戦国乙女~桃色パラドックス~第12話「戦国乙女」感想+ニコ動配信

戦国乙女~桃色パラドックス~第12話

ニコ動公式配信に飛んで視聴できます。



ついに深紅の甲冑が発動! イエヤスの邪な心を甲冑が取り込み、暴走しはじめる。
甲冑を纏ったイエヤスの圧倒的な力の前に、ノブナガたちはなす術がない。
この絶体絶命の大ピンチに、今川ヨシモトや武田シンゲン、上杉ケンシンらが駆けつける。
ノブナガは、罪なき民のために一緒に戦ってほしいと、皆に頭を下げる。
そして戦国乙女たちは、一つになり…!!



最終回手前の最終決戦...




アナタ方にとって遠い未来からやってきた者

より正しく言うと時空連続帯の時間軸的には遥か未来ですが

他世界解釈論的には複数の異なる事象平面横断する形で...


最終回手前で正体を暴露しちゃう伊達先生...戦国時代の人にそんな事語ってもw




甲冑の力に侵食されていく魔女...原作のオウガイと戦わせてみたい




シンゲンも助っ人に参上、イケメン過ぎる...



ケンシン、ヨシモト、西国の3人まで登場して完全にフルボッコフラグが...




ミツヒデの策=全員で一斉に攻撃して潰す

まぁ普通だけど、やっと原作のキャラみたいにクールな面が見れたかなぁ...と。




朱雀剛爆砕、炎竜軍配撃
の合体攻撃の後に

弩・佛狼機砲、烈風真空波、喜鬼斬山、雷光連撃槍、黒葬の舞
と攻撃を続ける乙女達

流れが完全にスパロボアニメだ...



最後はやっぱりノブナガ様...ヒデヨシとマサムネは一般人なので見学です




美しい...



非情の大剣VS光魔葵ノ陣



光魔葵ノ陣でバリアを張ろうとしたが詠唱出来ず...杖で受け止めるイエヤス



安土城を粉砕しながら地上へ押し込んで行くノブナガ様、熱い、熱過ぎる...




ヒデヨシに「殺さないで」と言われたからか、一刀両断せずに生かしてしまったノブナガ様

まぁ殺したらイエヤスファンがさらに怒るから仕方ないかな...



倒れる敵を支えるノブナガ様...優しいなぁ。原作でも優しいが。




そんな顔してもダメダメ...狸め...ホントに腐ってるわ...




見てるだけだった伊達先生とヒデヨシ

次が最終回なので自分達の世界に終わって終了といった所か


しかし、CR戦国乙女2の稼動する日にこんな神回を流すなんて製作側もやってくれますね

アニメ見てパチンコやる人いるのかは知らないが...

テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

戦国乙女~桃色パラドックス~第11話「強奪乙女」感想+ニコ動配信

戦国乙女~桃色パラドックス~第11話

ニコ動公式配信に飛んで視聴できます。


マサムネが、本能寺の混乱に乗じて甲冑を盗み出した!
ノブナガたちは、マサムネを追って安土城へ向かうが、その途中倒れているマサムネの姿が!?
どうやらイエヤスに甲冑を奪われてしまったらしい。
ノブナガとミツヒデは、全ての甲冑をイエヤスが手に入れるのを阻止するため城へと急ぐ。
一方マサムネは、全ての真相をヒデヨシに語るのだった…。







あと3話ということでつみ込み過ぎた11話。伊達先生はあっさり甲冑を取られて重症...
生きてるのが凄いんだが...魔法受けて死なないのかよ



現代よりもさらに未来から来た伊達家の人の意思を継いで過去に転移しようとした先生
いきなりそんな話されても...

う~んもっと早く話しても良かったのではと思う




伊達先生は伊達家が天下を取る事が1番と言い、完全な甲冑厨となってる...

戦う事もできないただの先生が天下なんて取れないと思うのだが、強気過ぎるけど無理設定じゃないかな...




安土城をイエヤスに乗っ取られたノブナガ一行は
奪還しようとするがイエヤスのバリアに阻まれ進行すらできず。

このヘタレメガネ全く役に立たんがな...

部下に恵まれないノブナガ様が悲し過ぎる...





甲冑とイエヤスがまさかの合体で完全に別の番組になってしまっている...
さすがにこの展開は予想できなかった




魔方陣が安土城を覆い、大ピンチのノブナガ一行

魔王VS魔女という戦いが次回始まるのか...



やはり最後は必殺技の非情の大剣で一刀両断するしかないな


もう殺してイイよイエヤスなんて....殺せばイイ....殺した方がイイ(ファン的に)

テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

戦国乙女~桃色パラドックス~第10話「心中乙女」感想+ニコ動配信

戦国乙女~桃色パラドックス~第10話

ニコ動公式配信に飛んで視聴できます。


ついに全ての甲冑が揃った! ノブナガ達は残りの甲冑が置いてある安土城へ。
その途中、本能寺に立ち寄る一同。 歴史が苦手なヒデヨシでも本能寺という言葉に聞き覚えが!
歴史の教科書には「明智光秀が織田信長を討つ」との記述があるが、まさか…!?
一方、精神的に追いつめられていたミツヒデは、マサムネの助言をうけ、ついに行動を起こす。
すべては愛ゆえに…。




本能寺といえば織田信長が死んだ場所なわけですが・・・そんなのアニメで再現しなくても・・・




伊達先生に唆されてノブナガ様を殺害しようとかミツヒデはダメですねぇ。

元々クールなキャラだし、ヘタレにされてしまうと全くの別人になってしまう。




ホントに火を付けたりするからねぇ・・・炎使いは火災程度じゃ死なないだろうに・・・




怪我もせず全然元気なノブナガ様、敵は何処だぁ!なんて言ってますが目の前にいますよ('~`;)



罪を償おうと自害しようとするミツヒデを止めるノブナガ様カッコイイなぁ。イケメンだ




しかし、一酸化中毒になってしまうミツヒデどんだけ弱いんだよ・・・
天下取りの家臣としてこんなんじゃダメだろうに・・・最終話までにカッコイイ場面ないのかなー

朱雀剛爆砕とかやってくれたらまだイイんだが・・・




火事場泥棒の伊達先生、ドラゴンボールをゲットしたべジータのよう

甲冑を安土城に持って帰って何かしたい様子・・・



だが・・・・




腹黒いイエヤスが横取りする為待っていた・・・ハイエナ・・・





私が天下を取る手始めにアンタを殺してやるよ










工エエェェ(´д`)ェェエエ工











・・・・・・・・・・







これホントに戦国乙女だっけ?













そんな馬鹿なorz





イエヤスがラスボスか・・・原作はこんなキャラじゃないよな










これは酷い・・・イエヤス好きな人絶対ブルーレイもDVDも買わないぞ・・・

別に私は構わないけども・・・気分は良くないな。まぁ敵なら殺すしかないわけだが・・・

後3話だから次回から凄い戦いがあるんだろうね。激しいバトルを期待しておこうかな

テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

戦国乙女~桃色パラドックス~第9話「西国乙女」感想+ニコ動配信

戦国乙女~桃色パラドックス~第9話

ニコ動公式配信に飛んで視聴できます。



ノブナガたちの前に現れたのは、
とても個性的な三人衆、毛利モトナリ、長宗我部モトチカ、大友ソウリン。
ノブナガは、三人衆を捕まえて甲冑の在処を吐かせる。
しかし甲冑が入っているはずの箱には仕掛けがしてあり、三人衆はヒデヨシを人質にして逃走。
ノブナガは、ヒデヨシが連れ去られたことで、今まで見たことのない怒りの形相で、
三人衆が待ち構える山へと向かうのだった…。



6月20日にCR戦国乙女2が稼動しますがその前にアニメで新キャラ登場という....



船の上で1分以上自己紹介とかウザ過ぎるので



ノブナガ様は容赦なしに必殺技をブチかます!



たわけが!自己紹介が長いんだよ!


本当にホントにご苦労さん...



開始5分で全滅の新キャラ・・・まぁ相手が悪かったとしか・・・

しかし、ミツヒデは西国乙女の罠に気付かずヘマをしてヒデヨシを連れ去られた挙句逃げられた





あーあ、魔王を本気で怒らせてしまった・・・怖い・・・

でもこういう女性離れした表情こそノブナガ様らしい




織田ノブナガVS毛利モトナリのタイマン勝負・・・余裕過ぎますなぁ




勝てないと思って毒を撒いて勝とうとするモトナリ・・・動けないフリをするノブナガ様がまたwww




動けないフリしたノブナガ様に先制攻撃してくるモトナリさんですがあっさり止められ



必殺技で終了~相手になりませんな





ミツヒデも大友ソウリンと長宗我部モトチカを相手に勝利。

原作のミツヒデならもっとすぐ終わってるな....朱雀剛爆砕使えば余裕ですよホント

アニメでは使わないのかな?オープニングで使っているのだから本編でも使って欲しい...



西国乙女も撃破し、真紅の甲冑も全部集まった。

どうやったら天下統一の願いが叶うのか...



戦う事が出来ない伊達マサムネ先生も甲冑を欲しているようだが・・・

先生は甲冑の有効な使い方を知っているのだろうか?


織田ノブナガ、徳川イエヤス、伊達マサムネ・・・最終話までに甲冑でどんな展開になるか全く分からん

後4話で終わるのかねぇ...

テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

戦国乙女~桃色パラドックス~第8話「微熱乙女」感想+ニコ動配信

戦国乙女~桃色パラドックス~第8話

ニコ動公式配信に飛んで視聴できます。



残り3つの甲冑が西国にあるとの知らせを受け、ノブナガたちは早速旅立つ。
当然、車や電車があるわけもなく、歩きづめで疲労困憊のヒデヨシ。
ようやくある町で休むことになった一同。
その町では、何故かノブナガが「子供や赤子を喰らう鬼」であるとの噂が蔓延していた!
そしてその噂を流したのが、どうやらミツヒデという噂もあり、噂が噂を呼んで…。
一方ヒデヨシは、疲れがたまり、体調を崩してしまい…。


今回含めて後6話...



甲冑集めの為、西国に向かう3人...部下はお留守番ですか...




途中、村で休憩しようと思ったら
ノブナガは「子供や赤子を喰らう鬼」という噂が流れてて激怒。

その噂流したのがミツヒデなわけだが...
人から人へ話が伝わっていくと途中で内容が変わってしまうというリアリティのある話...

語らねば伝わらぬ事もあれば語っても伝わらぬ事もある。故にこの世は面白い

何気に深い話だな。



伊達先生、3人尾行してるけど1人でよく旅できるなぁ...戦えないのに...
蛇に絡まれて絶叫したり、こんなのマサムネじゃないね(´・ω・`)




口移しで薬を飲ませただけなのに誤解してしまうミツヒデ...表情が酷過ぎるw

このまま離反してしまうのか...まさかね...



しかし伊達先生、異世界に飛ばされたのに薬を持っているなんて用意が良過ぎるだろ...





ここでまさかの新キャラ登場...

戦国乙女2は6月20日に稼動するのでまだ触れた事もない人も多いはず。

まさかアニメの方で先に出てくるとはね、作った奴らもやってくれるわ...

黒髪の毛利モトナリがリーダーで緑髪の長宗我部モトチカとシスターの大友ソウリン...

完全に敵キャラみたいだし、9話はバトル必死か...

ヒデヨシは戦えず、ミツヒデも戦力的に役に立たないだろうし、マサムネも戦えない

ノブナガ1人で3人相手にしなきゃいけない展開はさすがに厳しいなコレ。

ケンシンとシンゲンは来ないのかな...

テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

戦国乙女~桃色パラドックス~第7話「演劇乙女」感想+ニコ動配信

戦国乙女~桃色パラドックス~第7話

ニコ動公式配信に飛んで視聴できます。



ヒデヨシの提案で、お芝居をする事になった。
皆お芝居がどういうものか知らないので、ヒデヨシが一から教えることに。
舞台セットを建てながら、台本作りを開始!
しかし案の定ネタにつまり、文学好きのヨシモトにお願いする。
ヨシモトが考えたお話は、女達が咲き乱れるめくるめく官能の世界!
そして、稽古を重ねなんとか形になってきたと思ったら、
今度は芸能界裏話のようにみんなドロドロしはじめる始末…。



まぁ一部のファン向けな話の内容だったわけですが...よくテレ東も許したな...




こんな非力な伊達マサムネ本物じゃないやい!と言いたくなるレベル...
まぁ普通に学校の先生だもんね...当然か



原作知ってるとキャラクターが崩壊してる事が凄く気になるわけですが

公式の原案者が「キャラクターのイメージを損なうような行為を禁止します」とか言っておいて

自分達がアニメでキャラクター崩壊させてる現実...

やはり公式は病気である...



イエヤスはどんどん黒くなっていく...このままだと完全に敵になる可能性もあるよね(もう敵だけど)



内なる敵をどう蹴散らすか、まぁノブナガ様に負けはないけどね





しかし、伊達先生も何か企んでいるんだよなぁ...もう黒い奴ばっかり...


後6話ということで、甲冑集めも終わらせないといけない

次回からは西に行って真紅の甲冑集めをするらしい...

まさか新しい武将が出てくるのか...それとも原作の敵武将が出てくるのか

次回予告が適当なだけに全く読めない...

テーマ : 戦国乙女~桃色パラドックス~
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

ICE MAN

Author:ICE MAN
☆HNでも分かるように冷たい男。
だが、内部的にはかなり熱い。

だが今年27歳の年寄り;;

☆スパロボ魂120%
ゼンガー少佐がかなり好き。









最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。